「公式試合」の記事一覧

【高学年】祝・春季サヨナラ大会 第3位入賞!

3月11日(土)と 12日(日)、高学年チームは文京区少年軟式野球連盟主催の春季サヨナラ大会に参加しました。初戦は西千タイガースさんと対戦して3-1で勝利し、次戦は白山サンデーボーイズさんと対戦して6-2で敗戦。残念ながら準決勝敗退となりましたが、結果は堂々の第3位入賞。6年生は、小学校生活最後の公式戦をとても良い形で終えることができました。

 

この2試合を振り返って何よりも素晴らしかったのは、選手達が最後まで諦めずに粘り強 いプレーを見せてくれたことです。ベンチからの応援を背に、スタメンの選手たちも積極的に声を出し、仲間のミスを励まし合うシーンが何度も見られ ました。打っては試合を決めたランニングホームラン、守っては内・外野共にスーパーキャッチを連発。仲間のナイスプレーが一人ひとりの糧となり、好循環を生み出したのだと思います。

 

最も印象的だったシーンは、vs白山サンデーボーイズ戦の0-6で迎えた5回裏。ツーアウト満塁で、1点でも入れられたら即試合終了という緊張感の中、ライトに飛んできたボールを見事にダイビングキャッチ。最後の攻 撃のチャンスをもぎ取ることができました。そして、興奮冷めやらぬまま迎えた6回表。これまで無得点だった打線が繋がり、ヒットで出塁。最後の意地で2点を入れ、逆転に向けて追い上げを見せました。惜しくも反撃はそこまでで試合終了となりましたが、自分たちの力を出し切った選手たちに悔し涙 は見られず、清々しい笑顔で最終戦を終えられました。

 

これまで野球を続けてきて、楽しいことだけではなく、辛いこともたくさんあったと思います。特にコロナに翻弄された世代で、活動を停止したり大会がなくなったりと、たくさん我慢もしました。ですが、途中でチームを離れてしまったメンバーも含めて、今日まで仲間と共に 頑張ってきたことは一生の宝物になりますし、今後苦しいことがあっても乗り越 えられる強さを得られたのではないかと思います。

 

公式戦は終わってしまいましたが、まだあと少し練習はあります。残りの貴重な活動時間を思い切り楽しみつつ、後輩達に格好良い姿をたくさん見せてあげてください。

【低学年】オレンジボールカップ予選会再試合(vs 白山サンデーボーイズ)

2 月12日(日)、低学年チームはオレンジボールカップ予選会の VS 白山サンデーボーイズ さんとの再試合に臨みました。試合開始前の選手たちの表情は硬く、緊張感がひしひしと伝 わってきました。それでも今回は初回から順調に得点を重ねていき、6-4で現低学年チームとして公式戦の初勝利を収めることができました。

 

5日(日)の試合では初回は三者凡退で交代となりましたが、今回は先頭バッターがヒット で出塁し、盗塁と相手のエラーで 2 点を先制する立ち上がりとなりました。一方で、1回の 裏は早速ピンチとなる展開に。ピッチャーが制球に苦しみ、三者連続フォアボールで出塁を 許してしまいました。途中で盗塁を刺したものの、ワンナウト 2、3塁で 4番バッターに。 センターへの力強いヒットで 1 点を献上しました。「この回は逆転されても問題ないぞ!」 というかけ声が飛ぶ中で、なんとか状態を立て直したピッチャー。5 番、6番バッターを見 事三振に打ち取り、二者残塁で逆転を許しませんでした。その後、2回はフォアボールから ショートゴロの間に 1 点を、3 回はライトへのヒットから相手のエラーなどで 3 点を返し、3回までに 6点を入れることができました。

 

守っては 2 回の裏、三振とファーストゴロで 0点に抑えたものの、3回の裏は再びピンチ に。センターへのヒットを許した後に二者連続三振でツーアウト。ここで迎えた 4番バッ ターに、またもや痛烈な当たりでセンターに弾き返され、追加点を許しました。これ以上得 点を与えたくないという状況でピッチャーが交代。フォアボールからの三振でこの回も1 点で抑えることができました。

 

ここで更に追加点を入れて勝利を確実にしたかった 4 回の表は、ファーストゴロと三振で 三者凡退。4 回の裏、ここで抑えれば勝利という緊張感が MAXという状況 の中、二者連続フォアボー ルで早ピンチを招いてしまいました。続くバッターはセカンドゴロに打ち取ったものの、 その次のバッターにライトへのヒットを打たれて 2 点を与えてしまいました。その後に三 振でツーアウトを取り、勝利まであと一人という場面からの二者連続フォアボールでツー アウト満塁となり、ピッチャーが交代。ここでサヨナラ負けはしたくないと全員が祈る中で フルカウントまで勝負がもつれ、最終バッターは空振り三振に。粘り強く戦った選手たちに 見事勝利の女神が微笑んでくれました。

 

試合の流れとしては完全に相手チームに移っており、最後はサヨナラ負けをしてもおかし くない展開でした。公式戦での試合経験が浅い選手たちはこれまでにないほどの緊張感に 包まれており、特にピッチャー陣は相当のプレッシャーを感じていたと思います。勝利が確 定した瞬間はその緊張から解放され、皆笑顔が弾けてキラキラと輝いていました。

 

勝つことだけがすべてではないけれど、勝つ喜びも味わわせてあげたい。大人のエゴかもしれませんが、そんなわがままな願いを見事に叶えてくれました。たった一勝かもしれま せんが、この一勝が今後の選手たちにとってかけがえのない経験になることでしょう。大好 きな仲間たちと共通の目標に向かって努力できることは、とても尊いことだと改めて感じさせられました。3月の本戦まであまり時間はありませんが、思い切り頑張れ、選手たち!

【低学年】オレンジボールカップ予選会(vs 白山サンデーボーイズ)

2023年低学年初の公式戦は、2月5日(日)に行われたオレンジボールカップ予選会のVS 白山サンデーボーイズ戦でした。両チーム共に投手戦となり、痺れる試合展開となった本試 合。結果は2-2で4 回時間切れの引き分けとなり、12日(日)に再試合をすることになりました。

 

相手ピッチャーの好投により1回の表は3者凡退で抑えられて迎えた1回の裏。先頭打者にランニングホームランを浴びてしまい、早くも1点ビハインドという厳しい展開となりました。このまま相手チームに流れがいってしまうかという心配を余所に、粘り強いピッチ ングと守備で気持ちをすぐに切り替えられた選手たち。その後はきっちりと抑え、2回が終 わるまでは追加点を許しませんでした。

 

なんとか1点をもぎ取りたいものの、なかなか快音が響かず迎えた3回の表。あっさりツーアウトとなり、このまま終わってしまうのか!?という場面で、本試合初のヒットで出塁。 盗塁を決めて着実に進塁をした後、相手のエラーを逃さず、1-1の同点に追いつくことがで きました。3回の裏、ここでなんとか0点に抑えて流れを引き寄せたかったのですが、さす がにそれを簡単に許してはくれない強剛チーム。すぐに1点を返されて逆転を許し、ピッ チャーが交代となりました。これ以上追加点は許されないという苦しい状況の中で、2番手 ピッチャーの好投で三振を奪い、1-2で3回の裏を終えました。

 

いよいよ最終回、追加点を入れなければ負けが確定となる展開で、最後まで諦めずに仲間を応援し続けた選手たち。その甲斐があって、見事に2-2の同点に追いつくことができまし た。4回の裏、1点が入ればサヨナラ負け。これまでこういった展開で勝ちきれずに涙を流 してきた経験が蘇りましたが、選手たちは最後まで集中力を切らしませんでした。二者連続 三振であと一人というところで、フルカウントからのフォアボール。盗塁は無視してバッターとの勝負に集中し、最後は見事空振り三振。引き分けで試合を終えることができました。

 

今回、エラーでアウトを取り損ねた場面もありましたが、それを補うピッチャー陣の好投と 選手たち全員の最後まで諦めない姿勢が見られた、素晴らしい試合でした。勝ちきれなかっ たのは残念ですが、引き続き公式戦に出られる喜びを感じている頼もしい選手たち。週末は 雪の影響も心配されますが、体調を整えて皆で思い切り楽しみましょう。

【高学年】中野大会(vs 品川レインボーズ)

2023年初の公式戦は、1月14日(土)に行われた第26回中野区少年軟式野球交流大会のVS品川レインボーズ戦でした。小雨が降る中、初戦を24-0で勝ち進んだ強豪チームを相手に選手たちは大健闘しましたが、結果は5-6で惜敗。残念ながら次戦に勝ち進むことはできませんでした。

 

 

1回の裏、ピッチャーの立ち上がりは悪くありませんでしたが、守備陣の動きがかたく、3点を献上。しかしながら、その後はピッチャーの好投もあり、0点で抑えて迎えた5回の表 はランナー満塁のチャンス。ゴロからの1点と走者一掃のランニングホームランで一気に5点を取り、3-5で逆転に成功しました。ここで抑えれば勝利が決まるという5回の裏で、相手は1番からの好打順。先頭バッターをフォアボールで塁に出してからは、守備のエラーもあり満塁に。最終的にこの回に3点を献上し、惜しくも逆転負けとなりました。

 

 

結果は残念ではありましたが、今回は選手たちの姿勢が先日の練習試合とはまるで異なり、意識の上で成長が感じられました。しっかり声を出すことができたし、ゴロや打ち上げてし まう打席が多かったものの、初球から思い切ってバットを振り、なんとか打つことを意識し た積極的なプレーができました。スローボールも交えた緩急のあるピッチングにタイミングが合わせづらかったと思いますが、ベンチからも「次はスローボール行くよ!」などのフォローの声かけができていました。今後の更なる成長を感じさせる、とても良い試合展開となったと思います。

 

 

反省点を挙げるならば、やはり守備ではエラー、また、攻撃では盗塁を仕掛けるタイミングが悪く、不要な進塁やアウトを許してしまったことです。基本的なことですが、「キャッチボール」と「ボール回し」の大切さを再認識させられました。一番悔しいのは選手たち。試合後には涙もありましたが、今後の長い野球人生の中で思い出に残る良いプレーもたくさんありました。

 

次の公式戦は4月です。この悔しさをバネにして、次はもっと多くの笑顔がみられるよう、限られた時間を有意義に使って頑張りましょう。選手たち、品川レインボーズさん、雨の中良い試合をありがとうございました。

 1 2 ... 16 次へ≫
バッター