「公式試合」の記事一覧

【低学年】若獅子大会試合結果(vs 中野ファイターズ)

2022年10月16日(日)に行われた「若獅子旗争奪第29回学童低学年秋季大会」の2回戦、ストロングジュニアは中野区の中野ファイターズさんと対戦しました。

初回は2-2とお互い1歩も譲らぬ展開から、2回表に痛烈な満塁ホームランを浴びてしまい、6点差に。このままズルズルと差が開いてしまうのかと思いきや、2回裏に2点、3回裏に2点を返し、見事な追い上げを見せてくれました。最終的には、あと1歩及ばず6-8で敗退。結果は残念でしたが、最後まで諦めず、もしかしたら何かあるかもと思わせてくれる、良い試合になりました。

試合後、監督からも話がありましたが、負けたことを振り返る時、チームメイトのせいにしないこと。自分があの場面でこうしていれば、ということは必ず1つはあるはずです。そういった小さなミスの積み重ねで試合結果は大きく変わることを自覚して、次は同じミスを繰り返さないよう、これからも練習に励んで欲しいと思います。

4年生以下での公式戦は、恐らくこの大会が最後に。今後、4年生は高学年チームに加わり、低学年チームは3年生が主体のチームで大会に出場することになります。3年生は自分達が2年生以下を引っ張っていくんだという意識で、低学年チームを支えていってください。

【高学年】本富士大会試合結果

この三連休、高学年は本富士大会に参加しました。先週に引き続き台風の影響が懸念されましたが、今週は全試合無事に開催されました。試合結果について、駆け足でまとめていきます。

 

 

◆9月23日(土)11:00~ vs 菊坂ファイヤーズ

0-4で敗退

◆9月23日(土)14:00~ vs 文京ファミリーズ

1-3で勝利

◆9月25日(月)11:00~ vs 西千タイガース

9-5で勝利

◆9月25日(月)14:00~ vs 礫川

10-4で勝利

 

ここまで4試合中3勝1敗で、まずまずの成績。試合内容は、ヒットでつないで得点を重ねていった展開もあれば、エラーの連続で失点を許した反省すべき展開もありました。ミスは誰だってするもの。ズルズルと引きずられず気持ちを切り替えることが大切です。チームメイトがミスをした時こそ、責め立てるのではなく、励まし合って気持ちを立て直しましょう!

次の試合日程はまだ決まっていませんが、今日良かった点、悪かった点を振り返り、残り2試合、思い切り楽しんで戦いましょう!

 

 

 

【高学年】秋季大会試合結果(vs 豊島ヶ丘ラークス)

8 21日(日)、文京区少年軟式野球連盟主催の秋季大会で、ストロングジュニアは学童の部1回戦、豊島ヶ丘ラークスさんと対戦しました。

両チーム共に投手戦となった今回の試合。相手ピッチャーの球速にタイミングを合わすことが難しく、クリーンヒットをなかなか打てない中で、3番と4番がそれぞれスリーベースヒットを打ち、また、フォアボールなどで出塁した数少ないチャンスを活かして、結果は4-0で初戦を突破することができました。

投げてはストロングのバッテリーの状態も素晴らしく、7奪三振、フォアボールは1つのみという好投を見せてくれました。

来週の2回戦は茗荷谷クラブさんか白山サンデーボーイズさんという、どちらも強豪チームと対戦予定です。最善を尽くせるよう、各々がコンディションを整えて試合に臨みたいと思います。

春季大会の結果

4/18から開催された春季大会。緊急事態宣言での中断を挟んでなんとか終えましたので、遅くなりましたが結果だけご報告です。

高学年

4/18(日)六義にてリトルモンキーズさんとの対戦となりました。
毎回ランナーを出すものの、相手の好守に阻まれ3回まで無失点。
守りではキャプテン6年H選手が先発するものの、制球が定まらず、また味方の守備もイマイチ締まらず、初回の7点を含め2回までに9失点と苦しい展開。

vs リトルモンキーズ

vs リトルモンキーズ

3回以降流れを変えるために選手交代を行い、5年生を主体とするチームに総入れ替え。
5年I選手の好守もあり、ここから流れを変えたいところ。

4回表に2点を返したところで相手ピッチャーが交代。
交代序盤での制球が定まらないところを突いて猛反撃。8点を返すも序盤の失点が響いて10-8での敗退となりました。

もっと元気に楽しく野球をやってもらいたいな!6年生!チームを引っ張って行こう!
毎年後半で伸びて来るチームなので、しっかりと普段の練習から声を出すこと心がけて行きましょう!

低学年

準備万端で迎えた春季大会、皆が楽しみにしていたと思う。

■1回戦
4/18(日)後楽にて初戦相手は礫川さん。
取材不足により試合の内容は分かりませんが・・・
初回から10点を取り、投打ともに力を発揮。
14-0で大勝しました。

■2回戦
コロナでの中断を挟み、は5/16(日)強豪レッドサンズAさんとの対戦です。
春季大会が中止になると思い意気消沈していたところの再開。強豪チームとの対戦が実現し、皆気合十分。

やはり強豪チームは簡単には行かない前全試合で完封であったところ、初回の攻撃を0点で抑えられ、方裏の相手の攻撃にて2点を先制されてしまった。
ここで、「やっぱ勝てないや~」とならないのが今の低学年です。
2回表に2点を返す。
レッドさんもその裏に3点を返す。
そして、4回表にストロングが2点を返す。
なんだ、この緊迫した試合は・・・。

5-4で1点を追うストロングは4回表にビッグチャンス到来。
ノーアウト2,3塁。大逆転のチャンスに4年A選手。チームのムードメーカー。最近少しずつ調子をあげている。彼のバットに皆が期待。
カキーン!!!と強烈にバットに当たったボールは強烈なライナーとなりにショート方向へ!
抜けるか!!!!!と思った打球をショートが飛びついてファインプレー。
抜けると思ったランナーはそれぞれ飛び出していた。
なんと、サード、セカンドへとボールが送られトリプルプレーでのゲームセット。
一瞬、皆が大物食いを頭に浮かべていたところ、まさかの展開でしたが、ちょっとした運と、相手の好守。
これが野球ですね。

この試合で、自分たちと相手チームとの間に足りなかったものというのが明確になったのは良かったと思います。

さて、今週末から夏季大会、ジャビット予選が始まります。
それぞれが悔しい思いをしたので、一生懸命練習してきましたから、その成果を発揮できるように頑張りましょう!

 1 2 ... 15 次へ≫
バッター