記事一覧

【高・低学年】秋季大会の結果

文京区連盟の秋季大会が8月24日(土)より開幕しました。

合宿後 初の公式戦になるため、子ども達の成長が楽しみな大会です。

【高学年】8月25日(日)vs 文京パワーズ

先のジャビット文京大会にて15-0にて大敗を喫したチームとの対戦となりました。

ストロングの攻撃で始まりましたが、初回を三者凡退。その裏の相手の攻撃ではエラー絡みで1点を先制されました。
いつもの悪いパターンかなという感じもありましたが、2回はしっかり抑えました。

3回の相手の攻撃。ホームランを皮切りに相手に勢いを与えてしまい、タイムリーヒット、2本のホームランを浴びて6点を献上。

4回表の攻撃では2・3塁のチャンスがあったものの物にできず、大会規定により7-0のコールド負けとなりました。

今年チームを引っ張ってきたキャプテンO投手が肩に違和感が出て途中交代というアクシデントがあったなかでは、序盤踏ん張って、スコアも前回よりは点差が開かなかったところをみると一歩ずつ歩みを進めているかなと思います。

打線に元気がないところが気になるところ。皆、素振りしているかい??

本富士大会では打線のつながりも見せてくれることを期待しています!!

【低学年】8月24日(土)vs 大塚ミスギホープ

これまた、前月の夏季大会で20-0で大敗した相手。(ミスギさんはその後、夏季大会優勝)

この秋季大会の抽選に出向いたのは高学年S監督。本人も笑うしかないクジ運。でも、子どもの成長を見るうえでは直近の対戦相手である方が比較できて良い!!とポジティブ思考で行きましょう!!

前回スリーアウトを取れず、点も取れず、打席も全員に回らずに規定コールド負け。散々な試合でした。

今回、まずはしっかりと3アウトを取ること。点を取ること。こんな目標が掲げられたかは分かりませんが、少なくとも見ていた私Tとしては、そういう気持ちでした。

相手の攻撃から始まった試合。この日は良くショートにボールが飛んで来ること。ショートH選手は最初こそ慌てる場面がありましたが、気持ちが切り替わってからは良い守備をしていた。
初回3点を取られてしまいましたが、ショートゴロで3アウトをとってチェンジ!私の小さいけれど大きな目標はクリア!!

1回裏のストロングの攻撃では、1番打者の4年F選手が前回手も足も出なかった相手ピッチャーの速球をしっかりとらえてレフト前ヒット!!そして三盗を含める好走塁を見せて3塁まで進む。すばらしい!!
残念ながらその後が続かず、残塁。でも、初回から相手にプレッシャーを与えることができました。

その後は相手の強力打線に苦しみコンスタントに点を重ねられるものの、毎回3アウトをとって攻守交替。
キャッチャーY選手は多くの難しいボールを止めるなど、チームを引っ張る。
3回には公式戦初出場の3年S投手が登板。力の入った投球の勢いで出てしまったユニフォーム。ベルトを締めにお父さんコーチがマウンドに向かうというお茶目な親子コントみたいな場面もありましたが、好投を見せました。

そして迎えた3回裏。
この日大活躍の4年F選手のショートへの打球が抜けて相手が処理を焦る間に、これまた好走塁で3塁まで進む。
その後相手のワイルドピッチで1点を奪取!!!
私の小さくて大きな目標2つめもクリア♪

vs大塚ミスギホープ

結局この1点止まりで13-1の規定コールド負け。
でも、でも、この1か月の成長は素晴らしい!!こんなことで喜んでいてはいけないのは分かるけれど、子ども達の成長がすごく嬉しいです。

高学年も、低学年も残り少ない大会のなかで、何か一つでも自分自身のなかで成果があがるよう、頑張って欲しいと思います。

夏季大会が閉幕 低学年チームの結果報告

ここ最近本職が忙しく、更新が滞っており申し訳ございません。

さて、7月27日(土)に梅雨らしい梅雨で延び延びとなっていた夏季大会が閉幕しました。

高学年優勝は茗荷谷クラブさん、低学年優勝は大塚ミスギホープさんでした。

なかなか良いところが見せられなかったので、合宿での猛練習の成果を秋季大会で見せてくださいね。

低学年初戦の結果

順不同になってごめんなさい。

低学年チームは抽選会に出向いた高学年監督の最高の「くじ運」でシード。
7月13日(土)に1回戦を勝ち抜いた大塚ミスギホープさんとの対決になりました。

高学年チームがミスギさんに1回戦負けだったので、ここで弟分がリベンジと行きたいところでしたが、力の差が歴然としていました。

ストロングの先攻で始まりましたが、体の大きな相手ピッチャーが繰り出す剛速球ストレートに全く手がでない。

キャプテンH投手の調子は決して悪くない。でも、相手の打線が上手。

終わってみれば2回コールドで20-0の大敗。


※ここに並んでいる3塁塁審は私のラグビー部の先輩・・・。なぜこんなところで。

打撃も振り逃げによる出塁のみで、2回で終わってしまったためバッターボックスに立つことすらできなかった選手も。

残念な結果出ですが、、、、これが今の実力と思って、今年度後半に向けて頑張って行こう!!

でもね、ミスギさん優勝しました。やっぱり強かったんだ!!とポジティブにとらえつつ、、、
それで、8月24日から始まる秋季大会なんですが、第一回戦の相手は「大塚ミスギホープ」さん(汗

S高学年監督のくじ運に感謝し、負けた相手に次ぎは負けない!!を目標に思いっきりぶつかりましょう!!

【高学年】夏季大会新人戦(5年以下)・ジャビット文京大会の結果

ここ最近、本業の方が忙しく、なかなかストロングの仕事に手が回らず申し訳ございません。
遅くなってしまいましたが、6月16日に開催された夏季大会新人戦の高学年結果等をお知らせします。

【夏季大会新人戦】

この試合が5年生を中心とするチームでの初めての大会になります。

相手は大塚ミスギホープさんでした。

ストロングの先行で始まった試合。
初回ストロングが四球でランナーを出し、ノーアウト2、3塁の場面があったものの、まずいプレーが出てしまい、このチャンスを活かせず、残念ながら無得点。

1回、2回と裏の相手の攻撃はストロングのエラー絡みでの失点。エラー絡みからの満塁ピンチで、満塁ホームランを打たれるなど、10点をリードされる苦しい展開になりました。

それでも3回表ストロングのビッグイニング。
先頭バッターが四球で出塁。その後スリーベースヒット、ツーベースヒットと打線が奮起。3点を返します。
そして、ここから監督の足で引っ掻き回し作戦がハマる。
バンバン走らせ、リードを大きく取って相手のミスを誘い、更に4点を追加。
この勢いで行きたかったところですが、給水タイムが入り勢い、集中が切れたか2塁ランナーが牽制死で7点止まり。

3回裏に相手がホームランで2点を追加し、4回で規定時間で試合終了。

結果は12-7で敗退でした。

この試合で良かったところは、今まで何となく他人事のように見えた5年生が、自分たち主体の試合でベンチも含めて声が出ていました。少しずつ気持ちが変わってきているように思いました。
普段、気が緩んでいるように見える選手も、好プレーを見せる場面もありました。こういうところがあると自信にもなるし、自覚が出てくるということでしょう。

逆に、まだまだ守備でのミスが絡んでの失点が多いので、そのあたりを修正していければと思います。

この試合に向けて監督は相手チームの研究、今のストロングが勝つためにはどのようなことをすべきか、考えてきたんだろうと感じました。
その気持ちに応えるべく、ただ単に指示を受けるだけでなく、監督の指示がどういうことを目的としているのか、考えるということも一つ大切なことだなと思いました。

今回は負けてしまいましたが、良いところもあったので、5年生の多いチームでもあり来年が楽しみですね。

【ジャビット文京大会】

6月22日(土)に開催された5,6年生で臨んだジャビット文京大会は、今年の春季大会覇者の文京パワーズさんに15-0の大差で敗退。毎回得点をされて万事休す。
去年、おととしも後半から伸びて来るチームなので、合宿後の高学年チームに期待してます!

【高学年】三区親善大会(台東・中央・文京)の結果

5月12日(日)に三区親善大会(台東・中央・文京)が開幕しました。

高学年チームは出場権を獲得できましたので、前年優勝チームとの肩書きを背負い出場。

早速、月島ライオンズさん(中央区)との第1回戦を戦いました。

vs 月島ライオンズ

序盤から3点をリードされる苦しい展開のなか、この日も6年S投手が力投。

vs 月島ライオンズ

3回に5年S選手の2ベースヒットから、キャプテンO選手のHRで1点差まで詰め寄りました。

vs 月島ライオンズ

勢いに乗りたいところで、6年S選手のHR性の当たりが不運にもワンバンドで高い六義のネットを越えてエンタイトルツーベース。J球、跳ねすぎ!!!!(泣)
この回はこれ以上の打線が続かず、その後相手に1点を返されて2点差。

最終回に前年優勝チームの意地を見せて1点を返しましたが、5-6で無念のゲームセット。

vs 月島ライオンズ

なかなか1点差を詰めることができず、序盤の失点が悔やまれる試合となりました。

残念ながら1回戦でストロングは敗退となりました。

さて、次回練習はミーティングから。
新人戦に向けて5年生はもっともっと意識を高めて行きましょう!

 ≪前へ 1 ... 2 ... 25 次へ≫
バッター