記事一覧

秋季大会の結果

秋季大会は残すところ決勝戦のみと佳境に入っていますが、当大会のストロングジュニアの試合結果を掲載します。

■高学年チーム

試合日:8月29日 vs文京ファミリーズ
途中回まで2対2とお互いに緊迫した試合展開。
4回に相手の元気の良さに押され、4点を取られてしまいました。
最終回も相手にしっかりと抑えられてしまい試合終了。

負けはしましたが、秋季大会に向けての暑い中での練習試合連闘が自信に表れている試合で、随所に良いプレーが見られました。
恥ずかしながら久々に高学年の活動を見て、皆、体が大きくなり力強さが出てきましたね。
あとは皆が最後まで気を緩めず、厳しい展開でもひっくり返そうというメンタルさえ備われば必ずしや次回大会は勝ち進めることがでしょう。

■低学年Aチーム

試合日:8月22日 vs豊島ヶ丘ラークス
初回にキャプテンO選手がヒットで出塁、盗塁を重ねて、相手守備のエラーをついて自ら生還して先制。チームを引っ張りました。
相手の安定感のある打線が2回以降に繋がる場面や、普段あまり見られない内野守備のエラーもあり結果として7点を取られてしまいました。
打線も相手バッテリー、特に投手の力強いピッチングに押され静まり、結果として7-1での敗戦となりました。

これまで勝利を目指してやってきましたが、肝心の試合では強い相手に意気消沈。こちらもメンタル的な部分での課題が大きい。
負けているときこそ皆で手を取り合って、チームプレーで逆境をはねのける意欲を持ってもらいたいと思います。

■低学年Bチーム

試合日:8月23日 vs菊坂ファイヤーズA
今大会より低学年チームは2チーム構成でBチームも出場。普段人数の関係からなかなか試合に出られない子ども達にも試合機会を与え、経験を積ませることにしました。
初戦から強豪チームに当たってしまいましたが、もちろん勝利を目指しつつも、負けても良い負け方をが目標。

流石に強豪チームとあって、打線のつながりはピカイチ。先発の3年Y投手が投球数を重ねてしまい、途中回での交代を余儀なくされました。
それでも、アウトが取れずに10点チェンジという回はなく、しっかりとアウトを取りながら試合を進めることができました。
継投した4年U投手も初めての公式戦登板で、どうなるかなと思いましたが、変な緊張もなくしっかりと投げていました。
打線も点は取れなかったものの、塁に出ることはできたので、気負いすることなくそれぞれがしっかりとのびのびと野球をしていた印象があります。
結果は18-0での大敗でしたが、これから低学年チーム内で切磋琢磨が始まる予感を感じる試合でした。

全チームともに残念ながら1回戦負けとなってしまいましたが、高学年は本富士⇒サヨナラ大会、低学年は最後のサヨナラ大会で公式戦勝利を目指してこれからの練習で更なる技術向上、メンタルを育んでいければと思います。

※写真は時間があるときに

夏季大会新人戦の結果(テキストのみ)

遅くなってしまいましたが、7月12日、23日に開催された高・低学年夏季大会新人戦の結果です。

■低学年(4年以下)

1回戦をレッドサンズBさんと戦いました。
この日の先発は4年S投手。2月のオレンジボールでは緊張のあまり崩れてしまいましたが、この日は気持ちを切り替えて登板。
初回・2回表と内・外野の好守もあり無失点。皆がピッチャーを助けます。

2回裏のストロングの攻撃は4年F選手が盗塁も含めて3塁まで進塁。そこから4年I君がライト前にヒットを放って1点を先制。

その後お互いに緊張感のあるゲーム。

向かえた4回表の相手の攻撃。
これまで好守を見せていた内野陣にセカンドゴロからのファースト送球が逸れるなどの、ちょっとした気の緩み。
自チームのエラーに付け込まれての3点献上。

5回からマウンドに上がった4年O投手は立ち上がりこそ堅いところがありましたが、三振をしっかりとってリカバリー。

5回裏に代打に入った4年S君の気持ちの入った好走塁で1点返すものの、ここで規定時間。

3-2と惜敗で、公式戦初勝利はお預けとなりました。
これだけ接戦であると、ミスをした方の負け。
また、打線に課題が残る試合となりました。

むやみな大振り、早いピッチャーへの対応方法。コーチ陣も課題が見つかって忙しくなりそうですね。

■高学年(5年以下)

1回戦を豊島ヶ丘ラークスさんと戦いました。
前日にチーム内で急な予定変更が生じ、最上級生の5年主力数名を欠いての出場となりました。

先発は5年S投手。私自身、久しぶりに彼の投げてる姿を見て嬉しくなってしまいました。小柄な投手ですが、皆の期待を背負って力投していました。
初回は急遽スタメンに起用された4年生の活躍もあり無失点。

ただ、低学年同様、打線が奮起しない。攻撃では0がスコアボードに並びます。

途中回で4年S投手が登板。初めての高学年のマウンド距離。
高学年の打者に強烈なHRをお見舞いされるなどの洗礼。ここでよみがえるオレンジでのメンタル崩壊。
でも一皮むけましたね。気持ちを切り替えて、その後は落ち着いた好投を見せました。素晴らしい!

結果としては7-0でのコールドでした。

主力を欠きながらも、ライト5年S君のフライキャッチ、4年生の好守もあったし、逆に目立つようなマズイプレーもなかった様に思え、「えっ?こんなに頑張ったのコールド?」といった感じに感じました。
来年のこの世代でのチームも楽しみになってきました。

いずれも1回戦負けとなりましたが、色々な課題と期待ができた敗戦になりました。

秋季大会に向けて短い時間ですが一生懸命練習しましょう!!

【低学年】練習試合結果(大塚ミスギホープ)

今月からグラウンドが取れた時間で細々と活動再開をしたストロングジュニアです。
ようやく子ども達の声が帰ってきました。
それでも梅雨空には勝てず、練習の多くが中止になっています。

低学年チームは梅雨の合間となった6/27に、後楽において大塚ミスギホープさんとの練習試合を行いました。

夏季大会直前で、この短い期間でどこまでチーム作りが出来たかの確認。

前回のオレンジ大会で緊張のあまり本来の投球ができなかったS投手。立ち上がりから無失点で本来の投球。

この日は両チームともにしまった守備。

そんななかでストロングは打線がつながる場面もあり、堅実に点を重ねました。

2番手のO投手は、久々の試合で気持ちが先行。立ち上がりは力んでしまい球が浮いてしまいましたが、徐々に落ち着きを取り戻してナイスピッチング。気持ちの修正がうまくできたと思います。

時間ギリギリまでお相手頂き、7-2での勝利。

大会の雰囲気にのまれず、自分達のプレーができれば、必ずや良いところまで行けるでしょう。

ミスギさんもナイスプレーが多かったです。
午前中に学校があったにもかかわらず、お相手有難うございました。お互い頑張りましょう!

高学年チームは空模様に恵まれず、ぶつけ本番になりますが、高低揃って上を目指して行こう!子ども達の底力を信じてます。

活動再開のお知らせ および 活動参加に際してのお願い

新型コロナウイルス感染防止対策のため、長らく活動を休止しておりましたが、6月より順次活動を再開いたします。

千駄木小学校、文林中学校、谷中小学校などの校庭については現時点では貸し出しが中止されているため、河川敷グランドなど練習が可能な場所がある場合に限り、日曜日に限定せず子ども達の体力の回復目的のため活動を実施いたします。

参加に際して
①体調のすぐれない子は参加させない
②自宅検温にて37度以上の体温の子は参加させない
③往復時にはマスク着用

グランドにおいては各コーチが感染防止対策をはかることとしますので、ご家庭で実施できる上記3つについてはご対応をお願いいたします。

また、今年度については夏合宿は中止となりました。ご了承ください。

暑くなってきましたので、水筒は夏用サイズ(2リットル程度 またはそれ以上のスポーツジャグ)としてください。

※体験練習の参加は小中学校のグランドが確保できてからとさせていただきます。

 ≪前へ 1 ... 2 ... 29 次へ≫
バッター