記事UPが遅くなりました。

1月20日(日)に本富士大会最終戦 vs礫川さん が開催されました。
少し雲行きが怪しいなかで、何とか開催できました。

お互いにメダルの可能性がある試合。特に礫川さんは、この試合に勝てば3位確定と気合十分であったと思います。
そのような相手を迎え撃つ大事な試合でした。

vs 礫川

■ 守備

礫川さんからの攻撃で始まった試合。

先発ピッチャーはキャプテンO投手。
初球にいきなり頭部への死球。すみません・・・・。
その後は当該ランナーに3塁まで進まれるものの、2つの三振でピンチを切り抜けました。

その後の回も4回にセンター前ヒットを打たれただけで、しっかり相手を抑え込みました。

■ 攻撃

こうなると、あとは打線のつながり。

相手のピッチャーは以前も苦しめられた女の子ピッチャー。今回も彼女に苦しめられる展開。

初回にキャプテンが出塁し 3塁まで進むもののチャンスを活かせず。

3回表は4年F選手、5年N選手に大きな当たり。それでも盗塁や1つ先を狙う走塁を刺されて憤死。
後続打者は1塁へのヘッドスライディングで走者になるものの、盗塁で刺される。
積極走塁がアダになる嫌な流れ。相手の集中力のある守備が光ります。

0-0という緊張感の張りつめた中で、制限時間ギリギリで迎えた4回裏。
この回も積極走塁を刺されるような場面もありながら、なんとか四球で塁に出たキャプテンO選手が3塁まで。

5年S選手に投じられた初球。キャプテンO選手が相手のスキをつくホームスチールを敢行。

なんとなんと成功し、貴重な1点。これが決勝点になり、1-0で接戦をものにしました。

vs 礫川

積極的な走塁、完璧な投球。Oキャプテンがチームを引っ張っての大勝利!!!

さぁ、問題は3位入賞を果たせるか・・・・

他チーム試合の結果から、残念ながら3位入賞は果たせず。

でも、大会序盤に3連敗をして、引分け1試合を挟んで3連勝で巻き返す力をつけたところは「さすが」!!

今年は6年生が極端に少ないので、5年生が主体のチーム。
残りのサヨナラ大会(現高学年チーム)、全日本学童予選(新高学年チーム)は、いずれも それほど大きく変わらないチーム構成で臨むことになります。
この流れを断ち切ることなく、残り短い練習期間の中で成長し、今年度の集大成としてください。

楽しみにしています。

本富士大会の勝敗

チーム名 勝敗
1.菊坂ファイヤーズ 7勝(全勝優勝)
2.西千タイガース 4勝2敗1分
3.駒込チャイルド 4勝3敗
4.ストロングジュニア 3勝3敗1分
5.礫川 3勝3敗1分
6.リトルモンキーズ 3勝4敗
7.上動ファイターズ 1勝5敗1分
8.文京ファミリーズ 1勝6敗